▶利用規約


<アーバン・ビルド インターネット予約システム 利用規約>

このページは“インターネット予約システム”の利用規則ページです。
“インターネット予約システム”のご利用にあたりましては、必ずご一読いただきますようお願いいたします。
システムをご利用されましたお客様ついては、本規則にご同意いただけたものとさせていただきます。
「アーバン・ビルドグループ」(以下「当社」という)は、当社の運営する「インターネット予約システム」(以下「当システム」という)を、お客様にご利用いただくに際し、次の利用規則を設けさせていただいております。
本規則にご同意の上、かつ、本規則によりご利用いただきますよう、お願い申しあげます。


第1条(基本的事項の遵守)
1.当システムご利用に際し、お客様には、インターネット利用の一般的なマナーやモラル、および技術的ルールを遵守していただきます。
2.有料の手配代行など、事由の如何を問わず、営利を目的として当システムを利用することを、固くお断りいたします。


第2条(基本的事項に反する場合の措置)
第三者に迷惑・不利益を与える等の行為、当社のサービスに支障をきたすおそれのある行為等、当社が不適当と判断する行為を行うお客様には、当システムおよび当社のご利用をお断りする場合がございます。

第3条(お客様側の利用環境を要因とする諸影響)
当システムは、文字(日本語表示)やウェブ・ブラウザー、電子メール、プリンターなどの諸設定が適切になされている方を対象と致しております。
この条件に当てはまらない方の動作結果やそれがもたらす諸影響に関して、当社は一切責任を負いません。また、上記条件を満たしても、お客様側のコンピューターの環境設定に関するすべての事情等、当社の管理の及ばない原因によって、本システムが正しく作動しない場合のつきましても、それがもたらす影響に関して、当社は一切責任を負いません。

第4条(当システム利用者の条件)
当システムをご利用できるのは、本規則にご同意いただいたお客様のみです。
また、当システムを利用して、ご予約した時点で、本規則にご同意いただいたとみなし、本規則を遵守していただきます。

第5条(当システムの提供サービス)
「アーバン・ビルドホームページ」上で、当社が提供する商品の一部についての予約がホームページ上で行えます。

第6条(予約商品利用上の規則遵守)
予約商品をお客様がご利用するにあたっては、当社が別に定めております宿泊約款、および利用規則を遵守していただきます。

第7条(当システム利用上の注意点)
当システムの提供するサービスは、アーバン・ビルドホームページ以外(電話予約・その他インターネット宿泊予約サイトなど)で提供サービスに対する優位性を持たせるものではありません。従いまして、満室などの事由によって予約できない場合もあります。

第8条(利用者の自己責任)
1.お客様が当システムをご利用するにあたり、自ら行った行為及びご自身のメールアカウントによりなされた一切の行為及びその結果について、お客様ご自身の行為の有無、過失の有無を問わず、お客様はその責任を負うものとします。
また、当システムのご利用にあたり、当社の過失に依る場合を除き、お客様が第三者の損害を与えた場合、お客様は自己の責任と負担において当該第三者との紛争を解決するものとします。
2.ご利用者が次の事項のいずれかに該当する行為により、当社及び当システムに損害を与えた場合、当社は当該利用者に対して被った全ての損害の賠償を請求できるものとします。
1.本利用規則、当社が別に定める宿泊約款、利用規則に違反した場合
2.有害コンピュータープログラムの送信または書き込みを行った場合
3.システムに侵入、書き換え破損を行った場合
4.第三者の情報を送信、書き込みを行った場合
5.お客様の私的利用以外の目的で当社に無断で利用した場合
6.その他日本国内で有効な法令に違反する行為を行った場合

第9条(予約の取り消し、変更等について)
当システムを利用したご予約の取り消し、変更につきましては、お電話・メール・またはホームページ上から受け付け致します。
その際の違約金に関しましては次条によります。
詳細はアーバン・ビルドまでお問い合わせ下さい。

第10条(違約金)
当社はご利用者に帰すべき事由によりご予約の取り消し、または変更された場合、当社宿泊約款に定める違約金を申しうけます。
なお、詳細はアーバン・ビルドまでお電話にてお問い合わせください。

キャンセル料は、下記のとおり頂戴いたします。
チェックイン日の3日前 : 50%
チェックイン日の2日前からチェックイン日前日12時まで : 80%
チェックイン日前日12時からチェックイン当日 : 100%
連絡無しの不泊 : 100%

第11条(利用に際し、ご用意していただくもの)
当システムのご利用にあたっては、次のものを具備していることを条件といたします。
1.電子メールを送受信可能なプロバイダーから付与されたメールアカウント
(ウェブベースのフリーメール等は不可)
2.インターネットに接続可能なパソコンからページを印刷可能なプリンター


第12条(予約申し込み)
1.希望する商品の予約申し込みフォームへの必要な個人データを正確に全て入力してください。
2.予約申し込みフォームへの個人データの入力に不備があった場合、その予約は無効になる場合があります。


第13条(料金の支払い)
1.宿泊料金等の支払いはカード代行店による、クレジットカード決済または振込みで受付いたします。
原則として現金での受付はいたしておりません。
2.当社が宿泊客に客室を提供し、使用可能になったのち、宿泊客が任意に宿泊しなかった場合においても、宿泊料金は申し受けます。


第14条(当システム内容の変更)
当システムの運営もしくは内容の変更は、当社が必要であると判断した場合、事前にお客様に通知することなく変更を行う場合があります。
ご利用に際しましては、毎回、必ず本規則をご確認ください。
なお、本規則内容変更後は、変更後の内容のみ有効となり、変更前の内容は無効となります。

第15条(一時的な利用中断)
当社は、次のいずれかに該当する場合、お客様へ事前の通知や承諾なしに、当システムの一時的な利用の中断を行うことがあります。
1.当システムの保守または工事を行う場合
2.天災、事前その他非常事態が発生し、または発生するおそれがあり、運営が困難となった場合。
3.当社が本体ホームページ及び当システムの運営上その他の理由で、当システムの一時的な利用の中断が必要だと判断した場合。


第16条(当システムの取り扱い法令)
当システムに関する取り扱いは、日本国内にて有効な法律に従います。
 (有)アーバン・ビルド 
適用:平成25年4月1日



<宿泊約款>

第1条(適用範囲)
1. 当施設が宿泊客及び利用客(以下、宿泊客という)との間で締結する宿泊契約及びこれに関連する契約は、この約款の定めるところによるものとし、この約款に定めのない事項については、法令又は一般に確立された慣習によるものとします。
2. 当施設が法令及び慣習に反しない範囲で特約に応じたときは、前項の規定にかかわらず、その特約が優先するものとします。

第2条(宿泊契約の申し込み)
1. 当施設に宿泊契約の申し込みを行う場合は、次の事項を当施設に申し出ていただきます。
1. 宿泊者の氏名、生年月日、住所、連絡先電話番号、メ-ルアドレス
2. 宿泊日及び利用施設・利用オプション
3. その他当施設が必要と認める事項
2. 宿泊者が、宿泊中に前項(2)の宿泊日を超えて宿泊の継続を申し入れた場合、当施設はその申し出がなされた時点で新たな宿泊契約の申し込みがあったものとして処理します。また宿泊の継続の可否はその時点での判断となります。

第3条(宿泊契約の成立)
1. 宿泊契約は当施設が前条の申し込みを承諾したときに成立するものとします。
2. 前項の規定により宿泊契約が成立したときは、当施設のクレジットカ-ド決済システムを使用し、宿泊客によって指定されたクレジットカ-ドの利用可能限度額のうち、当施設への支払い予定金額(以下、予約金という)を確保いたします。
3. 予約金はまず宿泊客が支払うべき宿泊料に充当し、第5条に該当するときは同条の違約金に充当します。

第4条(宿泊契約の拒否)
当施設は次に掲げる場合において宿泊契約の締結に応じないことがあります。
1. 宿泊の申し込みがこの約款によらないとき
2. 満室等により客室の余裕がないとき
3. 宿泊しようとする方が、宿泊に関し、法令の規定、公の秩序もしくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき
4.高校生以下の方は、保護者の同伴または同意がない場合は、宿泊をお断りさせて頂きます。
5.宿泊しようとする方が、伝染病者であると明らかに認められるとき
6. 宿泊に関し合理的な範囲を超える負担を求められたとき
7. 天災、施設の故障、その他やむを得ない事由により宿泊させることができないとき
8. 都道府県条例の規定に該当するとき

第5条(宿泊契約の解除)
1. 宿泊客は当施設に申し出て宿泊契約を解除することができます。
2. 当施設は、宿泊申し込み者が宿泊契約の全部または一部を解除したときは別途定める違約金を申し受けます。
3. 第3条における予約金の確保ができなかったとき
4. 決済に使用されるクレジットカ-ドが使用不可能又は不正なカ-ドであったとき
5. 第4条における(3)~(7)までに該当することとなったとき

第6条(客室の使用時間)
1. 宿泊客が客室を使用できる時間は、通常宿泊16:00から翌10:00、ナイトショートステイ18:00から翌10:00とします。但し、連続して宿泊する場合においては、到着日および出発日を除いて終日使用することができます。
2. 前項以外の時間については時間延長も含め使用できません。
3. 当施設はフロントを設けていないため、第1項の時間内の入出に制限はありません。
4. 当施設以外の階(2~8階、廊下も含む)への立ち入りはご遠慮ください。また早朝深夜の入出はお静かにお願いいたします。

第7条(利用規則の遵守)
宿泊客は、当社が定めたホームペ-ジ及び掲示した利用規則に従っていただきます。

第8条(料金の支払い)
1. 宿泊料金等の支払いは、第3条の定めるところにより前払いとなります。
2. 当施設が宿泊客に客室を提供し使用が可能になったのち、宿泊客が任意に宿泊または利用しなかった場合においても宿泊料金は申し受けます。
3. 宿泊予約後に追加事項が生じた場合は、クレジットカ-ドまたお振込みによる支払いになります。
4. それぞれの金額については別途定める利用規則によります。

第9条(契約した客室の提供ができないときの取扱い)
1. 当施設で宿泊客に契約した客室を提供できないときは、できる限り、別室または他の宿泊施設を斡旋するものとします。
2. 前項の規定にかかわらず他の宿泊施設の斡旋ができないときは、予約金を返却いたします。但し、客室が提供できないことについて当施設の責めに帰すべき理由がないときには返却しません。

第10条(寄託物等の取扱い)
1. 当施設は、宿泊客の物品又は貴重品をお預かりすることはできません。
2. 宿泊客が客室内にお持ち込みになった物品又は現金並びに貴重品については、宿泊客の自己管理によるものとし、紛失又は盗難等の事故については責任を負いかねます。必ず施錠を行ってください。

第11条(宿泊客の手荷物又は携帯品の保管)
1. 宿泊客がチェックアウトしたのち、宿泊客の手荷物又は携帯品が施設内に置き忘れられていた場合において、所有者の指示がない場合又は所有者が判明しないときは、発見日を含めて7日間保管しその後処分いたします。
2. 前項の保管状態について、当施設は責任を負いません。

第12条(駐車の責任)
当施設の利用にあたり当施設が指定した駐車場をご利用になる場合、当施設は場所をお貸しするものであって車両またそれに付属するものの管理責任まで負うものではありません。但し、駐車場の管理にあたり当施設の故意、過失に起因する事態が発生した場合は適宜対応いたします。

第13条(宿泊客の責任)
宿泊客の故意又は過失により当施設が損害を被ったときは、当該宿泊客に対しその損害を賠償していただきます。